ベビーカーの種類と特徴

ベビーカーの種類

ベビーカーの種類は、A型・B型・マルチ型・バギー型・3輪型・ハイシート型・二人乗り型があります。
今回は代表的なA型・B型・二人乗り型についてご紹介します。

A型ベビーカーの特徴

A型ベビーカーは、ベビーカーの中で最も王道的なタイプです。
リクライニング機能が付いているので、生後1カ月の赤ちゃんでも利用することができます。
他のベビーカーと比べると値段は割高ではありますが、値段相応の安全性があり、素材の質や機動性も高く、さらに荷物を多く収納できるバスケットが付いています。
また、ハンドルを切り替えることで赤ちゃんと向かい合って移動ができるタイプのものも多いです。
一方、サイズが大きいので重量が重く、電車や人混みでは身動きが取りにくくなるので性能を発揮できないことがあります。

B型ベビーカーの特徴

B型ベビーカもA型同様、王道なベビーカーです。A型と違う部分は「リクライニングが付いてないタイプがある」という点です。
B型の構造上フラットな状態にすることができないので、腰がちゃんと据わり、1人でも座ることができるようになってからの使用が推奨されています。
年齢で言えば生後7カ月~3歳頃までの使用が可能です。
A型と比べ重量が軽くコンパクトなため小回りが良く利き、狭いところでも楽に移動することができます。また、A型ベビーカーより価格がとても安い点は大きなメリットです。
デメリットとしては、コンパクトであるが故に荷物を多く積めず、A型よりバランスが取りにくいため横転する可能性が高いので気を付けて操作しなければなりません。

二人乗り型の特徴

二人乗り型は、その名の通り双子の赤ちゃんを同時に乗せるときに適しているベビーカーです。
子供が二人いる場合、一人は普通のベビーカーに乗り、もう一人は歩かせてお出かけなどすると、歩いている方の子供が急に道路に飛び出すなどの危険にさらされる可能性があります。
そういった時に便利なのが、この二人乗り型ベビーカーです。二人乗りなのでサイズが大きく、荷物もA型とは比べ物にならないくらい収納でき、たくさんお買い物した後でも安心です。また、ベビーカー本体のデザインも一人用と比べるとかわいい種類が多いのもうれしいポイントです。
しかし、サイズが大きいということはその分重量が大きいので、ベビーカーを押すのも一人型より大変になってきます。もちろん人の多いところや電車内、都会の公共施設などは操作が難しくなります。