自慢したくなる!おしゃれなベビーカー3種類をご紹介

カラフルな二人乗りベビーカー「スパドゥパ」

スパドゥパは、ベビーメーカーコサットから発売されている二人乗り用ベビーカーです。
とにかく見た目がカラフル&ポップで、他のベビーカーとは違う斬新的な雰囲気が漂っています。
デザインだけでなく機能性も抜群。赤ちゃん二人分の重さにも耐えられる安全な素材、小回りが利き安定感のあるタイヤで走行も楽ちんです。
さらに大きな特徴として、付属品にMP3プレイヤー対応スピーカーが付いています。
赤ちゃんの耳に優しい適度な音量で設定されており、お気に入りの曲を聴きながら楽しくお散歩できます。
また、幌にはタブレット・ipadを取り付けられますので、移動しながら赤ちゃんの好きな動画を見ることができます。
人目を引く個性的なデザインで、音楽を聴いたり動画を観ながら走行できるという、まさに近未来的なベビーカーです。

他のメーカーにはないカラーバリエーション「ココ・ブレーキ」


ココは、エアバギー社から販売されている一人乗り用ベビーカーです。
その中のココ・ブレーキは、スタンダードモデルにハンドブレーキを搭載したモデルとなっています。
これによりスピードも調整も可能となり、下り坂でも安心して走行できます。
また、三輪タイプなので小回りも利き、360度の方向転換も楽々行えるのが大きな特徴となっています。
さらにおしゃれママにとってうれしいのが、カラーバリエーションが多く、ピンクやイエローなど他のメーカーでは見られないカラーも取り揃えられているということ。
オプションで、マットやヘッドサポートを好きなデザインの中からカスタマイズすることも可能です。

コスパ最強!「バギーfanロングプラス」

バギーfanロングプラスは、日本でおなじみのベビー用品メーカー西松屋から発売されている一人乗り用ベビーカーです。
見た目はすっきりシンプルで、2016年にはグッドデザイン賞を受賞しています。
そして、最大の特徴は何と言ってもコスパの良さ。価格は税込みでたったの6,999円と、ベビーカーの平均価格30,000円を大きく下回っています。
こんなに安いと性能面は劣るのでは…?と心配になるところですが、安定感のある大きめのタイヤや赤ちゃんを日差しから守る広がる幌、買い物に便利な収納カゴなどの基本的な機能はバッチリ押さえつつ、さらに西松屋オリジナルの指はさみ防止フレームも搭載されています。
安いからと言って侮れない西松屋イチオシのベビーカーです。