ライフスタイルから攻略!はじめてのベビーカー選び

赤ちゃんを迎えて1ヶ月を過ぎる頃になると、そろそろお出かけを考え始める時期になります。お出かけに活躍するアイテムといえば、ベビーカー。ベビーカーの購入は産前派と産後派に分かれるようですが、いずれにしても何度もお店を訪れじっくり検討するのはなかなかできません。そのため、失敗しないベビーカー選びには、購入前に自分なりの選ぶ基準を見つけておくことが大切です。

まずは選ぶ基準を決めよう

最近は、デザイン性に優れた機能的なベビーカーが増えていますので、豊富な種類のベビーカーからこれ!という1台を選ぶのはますます大変になっています。そんな中、本当にその機能が必要なのかどうかを見極めるためにも、ベビーカー選びの基準を何に設定するのかはとても重要です。

おすすめの基準はズバリこの2つ!

①自分たちのライフスタイルに合っているか
②赤ちゃんやママ・パパに快適か

②については後述しますが、やはり最も時間をかけて考えたいのは①です。

ライフスタイルに合っているベビーカーとは?

それでは、現在のライフスタイルを3点から見つめてみましょう。

まず1つ目は、日常生活で利用する交通手段です。

電車やバスでお出かけが多い場合には、ママでも持ち上げられる軽いベビーカーを選ぶのがおすすめです。車移動が多い場合には、車に積みやすく折り畳めるものがいいですね。使用時間が長くなる場合には、振動が少なく、フレームにより耐久性のあるものを選びたいところです。

そして2つ目はベビーカーの保管場所。

コンパクトなベビーカーを選んだとしても、広げたまま保管できるケースはなかなかありません。そのため、購入時には保管することを考えて選ぶのがおすすめです。玄関など狭い場所に置くならば、コンパクトに畳めるものがおすすめです。赤ちゃんが一人で立てないうちは、抱っこしながら片手でベビーカーを畳むことも考えてワンタッチで畳めるものがいいですね。エレベーターのないアパートなど階段を持ち運ぶならば、できるだけ軽いものが良いでしょう。

最後は利用する赤ちゃんが第1子なのか、それ以降なのか。

上の子用にステップボードの取り付けを考えているならば、フレームが対応しているかどうかもチェックです。一般的なベビーカーは、取り付けに対応していますが、一部のものは取り付け不可となっていますのでご注意ください。また、ベビーカーは意外に消耗品。お下がりを使い始めたら壊れてしまうケースもあります。兄弟で使う可能性があるならば、耐久性があるものを選びましょう。

迷った場合にはどうすればいいの?


ライフスタイルによってベビーカーの条件を絞ることはできたけれど、それでもなかなか1台に絞れない方は、先輩ママたちに聞いてみるのもおすすめです。経験者だからこそのアドバスがもらえることでしょう。

迷った場合は、お店での印象が大切です。お店では、見た目だけでなく実際、触って押したり畳んだりしてみましょう。商品によって、思った以上に差が感じられるかもしれません。産後の購入で、赤ちゃんがいるならば乗せてみましょう。乗せやすさ、ベルトの留めやすさがチェックポイントです。

いかがでしたでしょうか。楽しみなようでいて実は意外と頭を悩ませるベビーカー選び。購入を迷われている方に少しでも参考になれば幸いです。