2人のお子さんの移動もこれがあれば楽々!バギーボードのご紹介

子育て中のパパママの悩みってたくさんありますよね。特に小さいお子さんが2人いると、ちょっと外出するだけでも大変なのではないでしょうか。上の子が歩くようになってくると道路を歩く際には目を離せませんが、下の子のベビーカーを押して歩かなくてはいけないため、常に危険を察知できるように気を張ってなくてはいけません。

そのような状況では、お子さんと一緒に移動するだけでもぐったり疲れてしまいます。そんなパパママの悩みを解消してくれるのが「バギーボード」です。

バギーボードって何?

あまり聞き慣れないという方もいると思いますが、バギーボードとはベビーカーに取り付けることができるステップ台のことで、お子さんがそのステップ台に立てるような設計になっています。

つまり、下の子はベビーカーの座席に座らせておき、上の子はベビーカーの後ろフレームに取り付けられたステップ台の上に立たせたまま移動ができるという優れもの。特に交通量の多い道路だと、上の子が勝手に歩いていってしまうと非常に危険ですが、このバギーボードの上に乗せておくことで、常にベビーカーを押しているパパママの目の前でおとなしくいてくれるためとても安心です。

バギーボードのメリット

2人のお子さんを1台のベビーカーに同時に乗せることができるバギーボードは、使ってみるとメリットだらけです。そんなバギーボードのメリットをご紹介します。

  1. 1台のベビーカーに2人を同時に乗せられるため移動が楽々。
  2. 2.ベビーカーを押す腕の間に上の子が立てるため、常に視界に入って安心。
  3. 3.上の子が歩き疲れてぐずるということも無くなる。
  4. 4.自分のペースで歩くことができる。
  5. 5.ベビーカーが1台で済むため経済的にも良い。

バギーボードのデメリット

とても便利なバギーボードですが、使用するに当たり人によってはデメリットに感じてしまう部分もあるようです。ここではバギーボードのデメリットになりうる部分をご紹介します。

  1. 子どもが歩きたがって乗ってくれないこともある。
  2. 重心が後ろにかかってしまうため、転倒しないように注意が必要。(特に上り坂には要注意)
  3. 子ども1人分重くなるためベビーカーの操縦がしづらくなる。
  4. ベビーカーによっては折りたたむのが手間になる場合もある。

バギーボードはLascalの登録商標

ベビーカーの後ろフレームに取り付けるステップ台のことを総称してバギーボードと呼んでしまいがちですが、実はバギーボードという名称はLascal(ラスカル)という北欧スウェーデンで生まれたブランドの登録商標となっています。同様の機能を持った他社製品も多数存在しますが、それらは一般的な名称としてベビーカーステップと呼ばれているようです。バギーボートというのはあくまでLascalというブランドの商品名なので、間違えないようにしましょう。

立つだけじゃない?“座れる”バギーボード

バギーボードと言えば、ステップ台の上にお子さんを立たせるというのが一般的なイメージですが、その他にサドルシートが付いていて座れるタイプもあります。お子さんが疲れてしまいステップ上に立つのも嫌がるというときでも、サドルシート上に座らせることができるので休憩しながら移動することが可能。また、サドルシートを使わないときはパタンと倒して収納することができるので、通常タイプと同じようにお子さんを立たせて使用することもできます。

まとめ

バギーボードを使えば、2人のお子さんを連れてお出かけするのが楽になること間違いなし!毎日のお買い物やお散歩などでストレスに感じていた部分をきっと解消してくれることでしょう。もし現在、2人のお子さんとのお出かけに悩みを抱えているという方は、ぜひ購入を検討してみてください。ただし、ベビーカーによっては取り付けできない物もありますので、ご購入前に必ず取り付け可能かどうかを確認してくださいね。