カトージ・エアスキップのご紹介

赤ちゃんを暑さから守る!

真夏の太陽は大人にとっても厳しいものですよね。そんな強い日差しからデリケートな赤ちゃんを守ってくれる幌(日よけ)があるか無いかはベビーカー選びのポイントの一つです。従来のセカンドベビーカーは幌が小さいというママたちの悩みがありましたが、エアスキップには赤ちゃんをすっぽり覆ってくれる大きな幌が付いているので安心です。
また、エアスキップは座面の高さが51㎝とハイシートになっています。この高さがあることによって、赤ちゃんを乗せたり抱っこする動作が楽になることはもちろん、地面の熱からも赤ちゃんを守ることができます。特にアスファルトや高い建物の多い地域は表面の温度も上がりやすいので、太陽の日差しと地面の熱、この両方をカバーできるのはうれしいですよね。
さらに、赤ちゃんが座るシートは熱を逃がし蒸れにくいメッシュシートとなっています。
これらの便利機能がそろったエアスキップなら、体温が高い赤ちゃんもストレスなく夏のお散歩を楽しめることでしょう。

コンパクトなのに多数の機能付き

エアスキップの売りは超軽量。重量が4.4㎏しかないので、女性でも赤ちゃんを抱っこしたまま楽に持ち上げることができます。
幅46㎝で狭い改札口もスイスイ通ることができ、折りたたんだ時のサイズも縦100㎝、横37㎝とコンパクトでかさばりません。
さらに、4.5㎏の重さまで耐えることができる大容量の収納カゴも付いています。
お出かけの際に赤ちゃんのおむつやタオル、ミルクセット、着替えなどたくさんの荷物を持ち歩かなければならないママにとって、ベビーカー1台にこれらを収められるのはとても助かりますね。

不満点もあるけど…コスパは◎!


実際に購入して使ってみた方のレビューによればデメリットも少しあるそうです。
1つは、リクライニングシート。エアスキップは赤ちゃんが寝やすくなるよう、130~170度までシートの角度調整が可能となっています。
しかしレビューによれば、「リクライニングを最大に起こしていても、シートの背もたれ部分が深いので1歳くらいの赤ちゃんの腰には丸めたタオルを入れないと寝ている状態と変わらない」とあります。
2つ目は、ブレーキ機能が付いていない点。平行な道なら何も問題はありませんが、下り坂などでは慎重に操作をしなければなりません。
大切な赤ちゃんを乗せるベビーカーですから、安全面で少々気になるところです。
しかし、それらのデメリットを踏まえてもエアスキップの人気が高い理由はやはりコストパフォーマンスの良さにあります。ベビーカーの平均価格が約30,000円のところ、エアスキップの本体価格は20,000円となっています。これだけ多くの機能が付いていながら平均以下の値段で購入できるのは、子育てにいろいろとお金のかかるママたちにとって大きなポイントです。
また、ベビーカーを使う機会の少ない方であればレンタルという方法もオススメです。レンタルであれば必要に応じて使うことができ、さらに費用もグッと抑えることができます。
それぞれの生活スタイルや将来の計画から、自分たちに合ったベビーカーを探してみてくださいね。