革命をもたらすアップリカ(Aprica)ハイセンスなベビーカー(バギー)はレンタルも人気

子供を授かった際、あれこれと必要になりそうなものをリストアップする中、購入しようか迷うアイテムの一つに挙がるベビーカー。そのベビーカーのシェアを国内ではアップリカ(Aprica)とコンビ(Combi)という二大メーカーが二分していますが、アップリカのベビーカーは、豊富なラインナップとそのデザイン性の高さに定評があります。

高いデザイン性はおしゃれを楽しみたい女性の味方

アップリカはおしゃれを意識したワンランク上の子育てを目指す女性からの人気が特に高いです。また、高いデザイン力を武器にしたそのブランド力は国内のみならず、海外でも高いステイタスを得ているようです。その豊富な商品のラインナップの中から、自分らしい子育てのカラーは何色かを選択するのに迷うほど、豊富なカラーやデザインが揃えられています。価格は新品で2万円台から10万円近くするものまで幅広く取り揃えられています。高性能モデルでは、通気性や衝撃吸収性のほか、万が一手が離れた場合に安全ブレーキが作動し、自動的に停止するスマートブレーキが搭載されたモデルまであります。そのアップリカの製品の中で一番人気のあるモデルは「カルーンエアー」。求めやすい価格と軽さに定評があり、コストパフォーマンスが高いようです。

安全性の裏では問題点も


アップリカ製品を購入した方のネット上の口コミを見ると、スムーズな動きができるなど操作性に優れているといった意見が多いようです。また、細部までしっかりとした作りで、安心感があるという意見も見られます。ハイセンスなデザインと共に、総じて満足度は高いようです。

もっとも、高い評価を得ているアップリカですが、一部では厳しい消費者の意見も見受けられました。まずは「エアリア」シリーズの通気性について、広告表示と異なり、ほとんど空気を通さなかったために過去に一度消費者庁から措置命令を受けています。また、高機能製品ゆえメンテナンスが大変といった意見も見受けられました。さらに、新生児期から使えるA型ベビーカーは女性には運びにくい重量感があるようです。安全性を考えれば仕方がない面もありますが、外出時にエレベーターがない駅などで赤ちゃんを抱っこして、ベビーカーも抱えるというのは女性には負担が大きいと思われます。

これからはベビーカーもシェアする時代

それでもハイセンスかつ高機能で人気の高いアップリカのベビーカー。購入するとなると数万円の出費が一度にかかります。また、ベビーカーは子供の成長に伴い買い替える必要が生じることもあります。しばらく誰かに譲るつもりで保管していたけれど、倉庫に埃をかぶって眠ったままになるケースも。そこで、購入以外にレンタルという選択肢をご提案します。レンタル料金は利用する期間や商品などによって様々ですが、長期間使うほどに料金は割安になる傾向にあります。そして、レンタルであれば子供の成長や利用状況を見ながら商品を交換できるというメリットがあります。また、使わなくなった後も他に必要とする人が使ってくれるので、地球環境にも優しいですよね。購入するか迷ったら、これからはレンタルベビーカーでベビーカーをシェアしてみてはいかがでしょうか。